8 月 30

30日の東京株式市場は、北朝鮮のミサイル発射を受けて、警戒感から29日に売られた銘柄をいったん買い戻す動きが広がって、株価は値上がりしました。


8 月 30

30日の東京株式市場は、29日のニューヨーク市場で株価が上昇した流れを受けて、29日の北朝鮮のミサイル発射の後、警戒感から売られた銘柄を買い戻す動きが出て、株価は値上がりしています。

8 月 30

30日の東京外国為替市場は、北朝鮮のミサイル発射による米朝間の緊張の高まりを警戒して29日に値下がりしたドルを買い戻す動きが強まり、円相場はドルに対して1円以上値下がりしています。

8 月 30

30日の東京外国為替市場は、北朝鮮のミサイル発射のあと警戒感から値下がりしていたドルを買い戻す動きが強まり、円相場は大きく値下がりしています。

8 月 30

30日の東京株式市場は、29日のニューヨーク市場で株価が上昇した流れを受けて、29日の北朝鮮のミサイル発射で売られた銘柄に買い戻しの動きが出て、株価は値上がりしています。

8 月 30

NAFTA=北米自由貿易協定の再交渉の2回目の会合を前にメキシコ政府は、外相と経済相を29日からアメリカに派遣して商務長官や通商代表らと意見を交わすと発表しました。

8 月 30

29日のニューヨーク株式市場は北朝鮮が日本の上空を通過する弾道ミサイルを発射し、緊張が高まるという懸念が広がって、ダウ平均株価は一時、130ドル余り下落しました。しかしその後は買い戻しの動きが出て、結局、値上がりして取り引きを終えました。

8 月 30

振り込め詐欺による被害を未然に防ごうと、大手の各銀行は一定の期間振り込みをしていない高齢者を対象に、ATM=現金自動預け払い機での振り込みを制限する方向で検討を進めていることがわかりました。

8 月 29

電気自動車などの次世代エコカーの普及策を日本とタイの官民で話し合う初めてのシンポジウムがタイのバンコクで開かれ、日本側は、環境技術や充電インフラの整備などで、タイに協力する考えを強調しました。

8 月 29

29日の東京外国為替市場は北朝鮮のミサイル発射を受けてリスクを避けようと、比較的、安全な資産とされる円を買ってドルを売る動きが広がり、円相場は一時1ドル=108円台前半まで値上がりしました。