4 月 06

カンボジアのメコン川に架かる新たな橋が6日開通し、タイの首都バンコクからカンボジアを経てベトナム南部のホーチミンまでが一本の道路で結ばれ、物流の活性化につながることが期待されています。


4 月 05

九州南部と沖縄地方は、暖かい空気に覆われて各地で気温が上がり、宮崎県日向市と沖縄県伊是名島で、ことし全国で初めて最高気温が30度以上の真夏日を観測しました。

4 月 05

埼玉県秩父市で、120年以上前から伝わる神楽を伝承してきた保存会が、過疎化や担い手不足などを理由に解散することになり、5日、地元の神社で最後の舞が奉納されました。

4 月 05

原発事故で出た放射性物質を含む指定廃棄物の処理について、環境省が仙台市でフォーラムを開き、宮城県内への最終処分場の建設に理解を求めましたが、出席者からは、建設に反対する意見が相次ぎました。

4 月 05

経済産業省は、電源をどのように組み合わせて将来の電力需要を賄うかを定める、いわゆる「エネルギーミックス」について、原子力発電の比率を原発事故前よりも低い20%台前半にする一方、太陽光などの再生可能エネルギーは原発を上回る比率とする方向で調整を進めています。

4 月 05

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、政府と沖縄県の対立が深まるなか、菅官房長官と沖縄県の翁長知事が初めて会談しました。菅官房長官が、普天間基地の危険性の除去に向けて計画への理解を求めたのに対し、翁長知事は計画の断念を求め、会談は平行線に終わりました。

4 月 05

菅官房長官と沖縄県の翁長知事との会談が行われた会場の周りには、普天間基地の移設計画に反対する住民などが大勢集まり、「新基地の建設反対」などと抗議の声を上げました。

4 月 05

林農林水産大臣はNHKの日曜討論で、政府が進める農協改革について、時代の変化に対応して農協も変わる必要があるとして、JA全中=全国農業協同組合中央会の組織を変革する意義を強調しました。

4 月 05

アメリカの首都ワシントンで行われた大リーグのオープン戦の始球式に日本の佐々江駐米大使が参加し、戦後70年のことし、日米友好のシンボルでもある野球を通した両国の一層の交流を訴えました。

4 月 05

長野市の善光寺で、数えで7年に一度、本尊の身代わりとされる仏像を公開する「御開帳」が始まりました。