8 月 30

衆議院安全保障委員会は、閉会中審査で、北朝鮮が日本上空を通過する弾道ミサイルを発射したことに抗議し、政府に対して制裁の強化などを求める決議を全会一致で採択しました。また、河野外務大臣は、北朝鮮の核・ミサイル開発を断念させるため、関係国が協力して開発に費やす資金の流入を止める必要があると強調しました。


8 月 30

安倍総理大臣は、北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けて、オーストラリアのターンブル首相と電話で会談し、北朝鮮に対する国連安全保障理事会の決議の全面的な履行を各国に対して求めると同時に、圧力の強化に向けて引き続き緊密に連携していくことを確認しました。

8 月 30

来月の野菜の価格は、先月下旬からの長雨や日照不足の影響が残り、きゅうりやピーマンなど一部の野菜で平年より高値が続くものの、後半には平年並みに戻るという見通しを、30日、農林水産省が発表しました。

8 月 30

30日の東京株式市場は、北朝鮮のミサイル発射を受けて、警戒感から29日に売られた銘柄をいったん買い戻す動きが広がって、株価は値上がりしました。

8 月 30

河野外務大臣は、韓国のイ・ジュンギュ(李俊揆)駐日大使と会談し、日本上空を通過する弾道ミサイルを発射した北朝鮮に対して圧力を強化していくため、国連安全保障理事会の場などで、アメリカを含む3か国で緊密に連携していくことを確認しました。

8 月 30

梶山地方創生担当大臣は、報道各社のインタビューで、国家戦略特区での獣医学部新設に関連し、「見える化されていないことで疑念を招いたのも事実だ」と述べ、特区の認定過程などの透明性を高めるため手続きの見直しを行う考えを示しました。

8 月 30

蚊を媒介した感染症による死者が世界各地で後を絶たない中、南米のブラジルで、卵がふ化しない効果があるウイルスに感染させた蚊を自然界に大量に放つ実験が行われ、感染症の拡大を防ぐ手法として期待されています。

8 月 30

北海道根室市を訪れている江崎沖縄・北方担当大臣は地元の自治体の関係者などと会談し、来月にも初めて行われる予定の北方領土の元島民らによる航空機を利用した墓参について、外務省に対して継続して実施できるよう働きかける考えを示しました。

8 月 30

イギリスのメイ首相が30日午後、大阪空港に到着しました。安倍総理大臣は、31日の首脳会談を前に、メイ首相を京都に招待して、茶会や夕食を伴った非公式の会談を行い、親交を深めることにしています。

8 月 30

東京都議会の昨年度の政務活動費の収支報告書で、飲食を伴う会合などに出席するための「会費」の支出が前の年度の半分に減った一方、1月の「新年会」などを名目とした会合で1か月に40回を超える支出を計上する議員が16人いたことがわかりました。本来の支出目的である都政の課題の調査研究ではなく、事実上の政治活動ではないかという指摘が出ていて、今後の議会改革でも見直しが議論されます。